蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

投稿者: grouprough

カマクラ図工室『山と海2017』参加受付終了!

2017.06.15 Thursday



カマクラ図工室『山と海2017』の参加受付は、定員に達したため終了いたしました。
たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました!!

- | 19:23 | comments(0)

投稿者: grouprough

カマクラ図工室『山と海2017』参加者募集中!

2017.05.21 Sunday



『カマクラ図工室』では、子どもたちが自ら社会と関わりながら、モノやコトを「つくる」活動に取り組んでいます。活動は、鎌倉周辺の美術館を拠点とし、美術作品を介して自らの過去、現在、未来を見つめながら旅の主題を見つけることから出発します。そして、夏には鎌倉の海とは異なる山間部の土地で「つくる」を生きる糧とする芸術家らと共に泊を伴う共同生活を行い、主題に沿ってフィールドワークを行ないます。そこで獲得した「実感」を鎌倉に持ち帰った子どもたちは、絵画、立体、写真、音楽、言葉、料理など、個々の特性に応じた表現方法で作品化し、展覧会を通して社会の人々との交流を図ります。

◆海の学校
芸術鑑賞や創作活動を通して参加者同士がお互いの個性を理解し、
親交を深めるとともに、『山の学校』の目的を明確にしていきます。

>>任意の活動                        
5月〜7月の期間、土日・祝日等を利用してワークショップを開催
します。ワークショップの日程や詳細内容につきましては、メール
にてお知らせいたします。この活動は任意ですが、カマクラ図工室
の活動に慣れるためにも参加をお勧めします。         

>>必須の活動 (『山の学校』事前交流会)
【日 時】8月3日[木]・4日[金]10:30→16:00
     ※現地集合・解散
【場 所】横須賀美術館
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1
      tel:046-845-1211
【費 用 】実費(交通費等)                 

◆山の学校
長野県上田市塩田地区において5日間、自立的な宿泊生活をし、自然、文化、科学、芸術体験を通して多様な個性とかかわり合う場をつくります。            
【日 時】8月8日[火]〜 12日[土]4泊5日       
【場 所】長野県上田市塩田地区              
【宿 泊】五加(ごか)自治会館にて自炊生活        
【費 用】小学生:19,730円/中学生:20,730円 
 ※参加費の差額は在来線の交通費によるものです。
 ※定員に達しなかった場合は参加費に変更があります。

◆海の学校
『山の学校』の経験やそこから得た実感をもとにして展覧会(社会の人々との交流を目的にした出来事)をつくります。この活動は任意ですので、『山の学校』終了後、子どもたちに参加意思を確認します。  
【日 程】秋から月1〜2回程度、土日・祝日を利用してワークショップを行い、その成果として展覧会を開催します。
詳細な日時は、子どもたちの予定とすり合わせながら決めて行きます。           
【場 所】主に『沖の家(鎌倉市二階堂)』    
【費 用】実費(沖の家使用料・交通費・昼食費・創作費等)


【参加基準】
・保護者が子どもの「自主自立」を第一に考えていること 
・原則 小学5年生から中学2年生で、身の回りのことがひとりでできる者 
・人と積極的に関わることができる(関わろうとする意欲のある)者 
・創作活動(ものづくりや料理等)に意欲的な者 
【参加費用】
実費負担(入学金や授業料なし)。
助成金適用外の『海の学校』においては、スタッフの交通費等を補助していただく場合があります。
【参加申込】
・まずはメールにて「開催要項」を請求して下さい。「pdfデータ版」をお送りします。
・「開催要項」をよくお読みいただき、活動の趣旨に賛同いただいたご家庭は、正式に参加希望の旨をメールにてご連絡下さい。
※お子さんが参加基準を満たしていない場合や保護者の方が活動の趣旨をご理解いただいていない場合は、お子さんの活動に必ず無理が生じますのでご注意下さい。

【定  員】
10名 ※定員になり次第 受付を終了します。 

【問い合わせ・資料請求】
kamazu.tt@gmail.com(カマクラ図工室)       
   
                                                     

JUGEMテーマ:学問・学校



カマクラ図工室 | 13:03 | comments(0)

投稿者: grouprough

3月16日付 朝日新聞(日刊)神奈川版に…

2017.03.17 Friday



3月16日付 朝日新聞(日刊)神奈川版にカマクラ図工室『山と海2016』の活動と展覧会の様子を掲載していただきました。

<以下、朝日新聞デジタルより転載>

■大人の手借りず展覧会

◆カマクラ図工室の小中学生

 夏休みに田舎を旅し、そこでの出会いや風景から自由な表現活動を行う鎌倉市の小中学生のグループ「カマクラ図工室」が、新年度のメンバーを募っている。旅や制作発表の準備はできるだけ大人の手を借りずに行い、自立する力も養われていくという。

 11〜12日に行われた「図工室」の展覧会。由比ガ浜の民家の部屋や庭に、八つの作品が並んだ。小学5年生から中学1年生の作者はみな、昨夏、長野県上田市と新潟県津南町を訪れる6日間の旅をした面々だ。

 時刻表を見ながら鈍行列車の乗り継ぎをこなし、持参した少額のお金だけで食べ物を得て、自分たちで食事を作る。親は参加せず、写真家や教師ら付き添いの大人も指示や手伝いはしない。自ら生活を作り、世界を広げる旅だ。

 佐藤心花(このか)さん(小6)は初日、移動の疲れもあって夕食をできあいのもので済ませてしまい、「インスタント」とあだ名をつけられた。それが悔しく、2日目は農作業をしていた「小松さん」に声をかけてトマトの収穫などを手伝い、野菜やスイカをもらって上田ならではの夕食を作った。津南で泊めてもらった「邦子さん」宅のご飯のおいしさも忘れられない。

 それをもとにした「太陽時計」は、小松さんに送ってもらった畑の土や津南のお米を使った立体作品。自ら食べ物をつかみ取るイメージは「手」に、いらだっていた心のイメージはギザギザにと、形も工夫して、自分の旅を表した。

 鉄道ファンの広田泰佑さん(中1)は、鎌倉と上田、津南を結ぶ架空の私鉄「関東甲信越鉄道」を創造。地図を見ながら人口密集地を選んで駅を決め、キロ数から所要時間を考え、鈍行と急行の待ち合わせ時間なども考慮した時刻表を作った。「人や自然との出会いを通してこの地域の魅力に気付き、自分ならどうやって『つなぐ』か考えた」。旅で撮影した写真にコピーを入れ、圧倒的な自然をアピールするポスターも作った。

 もともと、横浜国大付属鎌倉小の有志と、図工担当の教諭だった高松智行さん(40)を中心に発足した「図工室」。毎年、上信越や福島への旅や、展覧会を重ねてきた。支援者も徐々に増え、昨秋には市内の建築家から、平屋のアトリエを常設の活動場所にと言ってもらい、電動糸のこを使ったり、庭で飯炊きをしたりするようになった。

 展覧会の場所も、子どもたちが不動産屋を回って見つけ、企画書で熱意を訴えて開催許可を得たもの。使用料は掃除などの労働で支払う約束を取り付けた。

 「作品を作ることは、生活や活動、出会いを作ることと同じ。与えられることに慣れすぎた時代の中で、学校で身につけた知識が実際にどう生かせるか試す場でもある」と高松さん。今は横須賀市の小学校教諭であり、「図工室」に関わる他の教員と、ここでの経験を学校に還元したいと話しているという。

 18、19日には、鎌倉市大町の米町会館で第二弾の展覧会も開く。川崎市から参加する小6女子2人が、水面の模様や「ウンコ」の作用に着想を得た作品を披露する。入場無料。来年度の参加者(原則新小5〜中2)も募集中。
問い合わせはEメール(kamazu.tt@gmail.com)へ。

 (木下こゆる)

JUGEMテーマ:学問・学校


カマクラ図工室 | 22:16 | comments(0)

投稿者: grouprough

カマクラ図工室『山と海2016』展覧会 開催決定!

2017.02.10 Friday



カマクラ図工室』では、子どもたちが自ら社会と関わりながらモノやコトを「つくる」活動に取り組んでいます。2016年度の活動は、横須賀美術館を拠点とし、美術作品を介して自らの過去、現在、未来を鑑賞しながら表現の主題を見つけることから出発しました。そして、夏には鎌倉市と姉妹都市関係にある長野県上田市の塩田、日本一の豪雪地帯で知られる新潟県津南町の三箇という鎌倉の海とは異なる山間部の土地において「つくる」を生きる糧とする写真家や美術家らと泊を伴う共同生活を行い、自らの主題に沿ってフィールドワークを行ないました。                            
本展では、小学5年生から中学1年生までの子どもたちが旅で獲得した「実感」を写真や立体、音楽などの表現方法で作品化したものや理科実験の痕跡を展示し、社会の人々と交流を図ります。 

Part-1 <鎌倉 SeeSaw
2017.3.11sat-12sun 12:00-16:00
鎌倉市長谷鎌倉市長谷 2-1-14(江ノ電由比ケ浜駅より徒歩2分)
You(小6)/ Konoka(小6)/ Anju(小6)/ Saya(小6)/ Manaka(小6)/ Taisuke(中1)/ Keita(中1)/ Kanata(小5) [写真・立体・音楽・理科実験]

Part-2 <米町会館>
2017.3.18sat-19 sun 11:00-16:00
※19sun は 10:00-15:00
神奈川県鎌倉市大町 1-1 (JR 鎌倉駅より徒歩8分)
Saya(小6)/ Manaka(小6) [写真・立体・理科実験]

【主催】カマクラ図工室 
【協賛】沖の家
【問い合わせ】kamazu.tt@gmail.com


JUGEMテーマ:学問・学校



カマクラ図工室 | 18:30 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉市川喜多映画記念館×神奈川県立近代美術館鎌倉別館『二十歳の無言館』上映とトークイベント ゲスト:窪島誠一郎氏(11月12日)

2016.11.03 Thursday



「二十歳の無言館」
2016年/カラー/デジタル/120 分
監督:森内康博
企画:高松智行
監修:窪島誠一郎
プロデューサー:田村大
録音・整音:藤口諒太
音楽:森内清敬
協力:戦没画学生慰霊美術館 無言館
製作:株式会社らくだスタジオ
助成:文化庁文化芸術振興費補助金


上映日時:11月12日(土)10:00、14:00

10:00〜「二十歳の無言館」上映(120分)+トークイベント
ゲスト:森内康博監督、本作出演者

14:00〜「二十歳の無言館」上映(120分)+トークイベント
ゲスト:窪島誠一郎氏、森内康博監督、当館学芸員

*各回上映後、10分間の休憩を挟み、約40分のトークを予定


チケット先売券発売中
料金[上映+トークイベント]:一般 1000円 小・中学生 500円

※先売り券は、川喜多映画記念館窓口、島森書店鎌倉店、たらば書房、上州屋にて発売しております。
※販売枚数に達した場合、当日券の販売はございません。
※ご購入いただいたチケットで鎌倉市川喜多映画記念館の展示室もご覧になれます。
※神奈川県立近代美術館でのチケット取り扱いはありません。

チケット取り扱いお問合せ先:
鎌倉市川喜多映画記念館 0467-23-2500
たらば書房(鎌倉駅西口) 0467-22-2492
島森書店 鎌倉店(鎌倉駅東口) 0467-22-0266
上州屋(大船駅東口) 0467-43-1000

JUGEMテーマ:映画



無言館 | 19:45 | comments(0)

投稿者: grouprough

映画『二十歳の無言館』予告編公開

2016.06.09 Thursday



ドキュメンタリー映画『二十歳の無言館』>> 予告編公開

キッド・アイラック・アート・ホールでの上映会の日が近づいてきました。おかげさまでたくさんのご予約をいただいております。特に6/23 夜の回はすでに多くのご予約をいただいています。席に限りがございますので、ご検討中の方は早めにご予約ください。その他の回はまだ席に余裕がありますので、皆さんのご来場をお待ちしております。

■6月22日
①19:00 開場/19:30 上映/21:30 トークショー

■6月23日
①13:00開場/13:30上映/15:30トークショー
②18:30開場/19:00上映/21:00トークショー

場所:キッド・アイラック・アート・ホール
料金:1500円 定員:50名(予約優先)
予約受付:080-5482-6548(森内)
     03-6451-4556
E-Mail: info@rakudastudio.com

皆様のご来場をお待ちしております。

JUGEMテーマ:映画


無言館 | 23:11 | comments(0)

投稿者: grouprough

『山と海2016』参加受付終了

2016.06.07 Tuesday




カマクラ図工室『山と海2016』の参加受付は、定員に達したため終了いたしました。たくさんのお問い合わせ、ありがとうございました。
JUGEMテーマ:地域/ローカル


カマクラ図工室 | 19:32 | comments(0)

投稿者: grouprough

映画『二十歳の無言館』上映会 #001

2016.05.20 Friday



長編ドキュメンタリー映画『二十歳の無言館』

監督;森内康博
企画:松智行
監修:窪島誠一郎
出演:横浜国立大学附属鎌倉小学校2007年度卒業生有志
   窪島誠一郎

共催:戦没画学生慰霊美術館 無言館
製作:株式会社らくだスタジオ

助成:文化庁文化芸術振興費補助金



6月22日と6月23日にキッド・アイラック・アート・ホール(明大前)で上映会をします。

■6月22日
①19:00 開場/19:30 上映/21:30 トークショー

■6月23日
①13:00開場/13:30上映/15:30トークショー
②18:30開場/19:00上映/21:00トークショー

場所:キッド・アイラック・アート・ホール
料金:1500円 定員:50名(予約優先)
予約受付:080-5482-6548(森内)
     03-03-6451-4556
E-Mail: info@rakudastudio.com

■あらすじ

70年前、愛する恋人や家族、大好きな風景を描き続けた画学生は、20から30歳という若さで戦地に散った。彼らの残した絵は、大切に保管され、今も静かに無言館の壁にかかっている。
現代を生きる二十歳の若者たち。
小学生時代の同級生である彼ら10数名は、無言館へこれまでに何度か足を運んだことがある。最初のきっかけは小学校の修学旅行だったが、その後は、学校の枠を越えて各々自主的に無言館へ行く。
「気付いたら無言館の画学生と同じ年代になったんだなって。もし今ここで、楽しい生活を全部取り上げられてしまったら本当にどうしよう・・・って考えました」
二十歳になった彼らは、5年ぶりにもう一度「無言館」へ行き、画学生の作品と対面する。
「絵を見るうち、逆に絵が自分を見つめてくる。彼ら若者たちは絵から見つめられ続けるだろう」
館主の窪島誠一郎氏は、自分の二十歳の頃を回想しながら、今の若者たちの言葉に耳を傾ける。
「これから、自分はどう生きていけばいいか」言葉にならない想いを苦しみながら、徐々に言葉にしていく若者たち。
社会秩序が混乱していた戦時中、著しく表現や言論に制限の多かった時代に、絵を描くことを通して最後まで自分を「表現」し続けた画学生たち。
片や言論や表現の自由が保障され、物質的に恵まれた時代にいながら、自己の「表現」のかたちを模索し続ける二十歳の彼ら。
違った時代を生きる若者たちの、70年の時空を越えた対話がはじまる。


JUGEMテーマ:映画


無言館 | 23:07 | comments(2)

投稿者: grouprough

カマクラ図工室『山と海2016』メール配信について

2016.04.09 Saturday



3月19日から20日の『三箇ジャック@ソンベカフェ』を持ちまして半年間に渡って活動してきました『山と海2015』を無事終えることができました。子どもたちの教育、ならびにプロジェクト実現にご尽力いただきましたすべての皆様に心より感謝いたします。本当にありがとうございました。

カマクラ図工室はしばしの春休みを挟んで、また初夏の頃から『山と海2016』を始める予定です。つきましては、活動の詳細が決まり次第、基準を満たし、参加を希望するお子さんのご家庭に内容についてメール配信させていただきますので、以下のメールアドレスまで

◯参加希望者氏名 ◯性別 ◯学校名 ◯学年
◯保護者氏名 ◯自宅住所 ◯電話番号

をお知らせ下さい。
尚、メール登録をされても、お子さんの活動への参加・不参加は自由ですのでお気軽にどうぞ。

【参加基準】
● 小学5年生以上の子どもで、自ら多様な個性と関わり、世界を広げていこうとする意欲があること
● 保護者が子どもの「自主自立」を第一に考えていること

カマクラ図工室 >> kamazu.tt@gmail.com

【情報公開】
facebook:カマクラ図工室

カマクラ図工室 | 00:16 | comments(0)

投稿者: grouprough

カマクラ図工室『山と海2015』記録集

2016.04.09 Saturday



カマクラ図工室『山と海2015』記録集が完成しました。
ご希望の方には<着払い(冊子代無料)>で郵送させていただきますので、kamazu.tt@gmail.com まで
①お名前 ②ご住所 ③所属 をお知らせ下さい。尚、部数に限りがあるためお一人様2部までとさせていただきます。

「特別のない教育」(全16頁)

・ 社会全体が図工室
・「キミ」と呼べる距離感
・ 静寂の時間
・ 時間差のある活動
・ 何もしてくれなかったことがうれしかった
・「なぜ?」を大きく超える経験
・ 編集後記

カマクラ図工室 | 00:07 | comments(0)

| 1/24ページ | >>

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.