蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2009”放課後”閉幕

2010.03.16 Tuesday

3月13日(土)、14日(日)の両日お天気に恵まれ、なんとかナーレ2009の放課後は無事閉幕いたしました。たくさんの方々のご来場ありがとうございました。


13日はまず美術作家の景山健さんの仲介で「かまくらでかまくら」を昨年に続いて実現。新潟県の津南町のNPO法人GO雪共和国とみずもりファームの方々に15トンの雪を届けていただきました。今年は新潟の子どもでは思いつかない雪の遊び方を鎌倉の子どもたちから提案しようと、6年生のそれで委員会の子どもたちを中心に活動内容を予め決めておきました。


1つは「玄関を雪で埋めよう」です。津南町は冬の間1階部分は雪で埋まり、春の雪解けとともに1階部分に少しずつ光が差し込むわけですが、それを鎌倉の地で再現しました。

130年以上の歴史を持つ鎌倉小ですが玄関が雪で埋まったのは初めてのことでしょう。


それから「かまくらでかまくら」というタイトルどおりかまくらづくりをしました。新潟では極小サイズのかまくらでも鎌倉の子どもたちにとってはありがたいのです。


3つめは12月のなんとかナーレの記録映像を投影するための壁づくりです。

型にとった雪をレンガのように積み重ねて、隙間は雪で埋めていくというシンプルでわかりやすい活動に夢中になっていました。

それで委員長の上半身裸に素足という気合の入った格好に触発されて素足で雪と戯れている子がたくさんいました。

その結果美しくて大きなスクリーンが完成、日没後早速なんとかナーレの作品を上映することに。


こちらは地元鎌倉のスターボードマリーンによるワークショップです。


昇降口では新潟の雪、グランドでは鎌倉の海の景色。


風も味方して鎌倉でいちばん大きな広場を駆け抜けていました。


体育館では30年以上NYで活躍しているアーティスト、ヨシコ・チューマの舞台芸術の公演が開催されました。


子どもたちにとって日常空間である体育館がプロの手によって非日常空間に生まれ変わりました。


頭で理解はできなくとも、自分たちとアーティストとの間に確かに存在する実感。大人よりも子どもたちのほうがその凄みをつかんでいました。


最後は子どもたちも舞台に参加しました。動揺せずヨシコに触発されて自然と身体を自由に動かす子どもたちに驚愕。


子チューマの誕生の瞬間です。




グランドではもう一つのプロジェクト「たき火広場第2章」。5年生の子どもたちが焼き芋でおもてなしをしました。


保健室ではアポなしで怪しいカイロプラクティックの先生が疲れた教員の治療をしていました。


最終日は雪のスクリーン。解ける様がまたいいんです。

次回「鎌倉なんとかナーレ2010」は11月〜12月ごろ開催予定です。

鎌倉なんとかナーレ2009 | 23:31 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2009放課後

2010.03.01 Monday



 昨年12月に開催しました「鎌倉なんとかナーレ2009」ですが、終了後もいくつかの地元NPOの団体とその余韻をあたためてまいりました。
 そして、3月13日(土)、14日(日)の両日をなんとかナーレの“放課後の時間”として3つの団体が児童,保護者,教員,市民,アーティスト,美術関係者など学校に集う人々を対象としたワークショップ、ライブパフォーマンスを実施いたします。

 13日(土)は20:00まで校庭を開放し、雪の壁に投影した12月開催の「鎌倉なんとかナーレ2009」の記録映像を観賞しながら来場者の方々と語らう場をつくります。学校のこと、鎌倉のこと、次年度「鎌倉なんとかナーレ2010」のこと・・・、共に妄想しましょう!!

鎌倉なんとかナーレ2009 | 19:55 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2009閉幕!!

2009.12.16 Wednesday



たくさんの方々のご来場ありがとうございました!!


鎌倉在住のアーティスト景山健さんの「飛び火プロジェクト」でフィナーレ!!
午前中の強風がウソのように17:00前には風がピタッとやみました。そして来場者の「なんとかナーレ10の思い」と共に空高く打ち上げました。
思えば、9日間いろいろな出会いがありました。


風車ロードが道行く人をなんとかナーレへと誘いました。


3年生の「目玉プロジェクト」を内向きに展示したのは、子どもたちに色んな人の目を意識してほしいかったからなのですが伝わったかな?
1年生の「かま小でそめよう」はたまねぎ、泥、葉っぱで染めました。



高橋和子先生(横国大教授)のワークショップ「からだであそぼ」には130名以上の方が参加しました。



1〜6年生の思い出を木に刻んだ6年生の成長樹。身長分が地上に出ていたのに気づかれましたか?




青空の下、ハイテンション一家による「窓外の化粧」!!




ブラザーズによる「回帰」。
教員自ら校舎に褌を巻くという事件勃発!?

校舎の上に立って記念撮影。巨大褌を巻いているようにみえませんか?



平日は十分保障できない子どもや教師にとってのニュートラルな時間である「放課後」が2回の土日はたっぷりと保障できました。



3階渡り廊下には3年2組による「黙」の展示と体験コーナー。



演劇百貨店の俳優 南波圭さんのワークショップ「フリマ演劇」の様子。


3時間という長丁場でしたが、演劇をとおして、人やものがとの関係性がどんどん深まっている様子が伝わってきました。



こちらは5年生の「鎌倉ふね工房」。段ボール船は体育館の闇の中に映し出された海面の上に浮かび、波のBGMも雰囲気づくりに一役かっていました。



屋外で空に向かって差す傘を室内で地上に向かって差してみました。
3年1組の「傘でアート」は天気、時間で空間の表情が全く異なりました。




偶然そこに集う人々が4畳半の縁台で掘りごたつに入って語らう景山健さんによる「間プロジェクト」。鎌倉で一番ひろい空の下、景山さんを中心にご近所のお年寄り、観光客、中学生、保護者・・・とどんどん出会いの輪ができていました。こたつに入りお茶をすすりながら語らう時間は至福のひとときとなりました。



3年3組の「冬の花」。小山の中にはお手製の無数の花を植えました。休み時間も工作はさみをもって小山の中で道を切り開いたり、秘密基地をつくったりと結果的には子どもたちが遊んだ跡をお見せするカタチになりました。子どもの頃を懐かしく思い出された方も多かったと思います。




大好評だったのが6年1組が自分たちの力で完成させたご存じ「鎌倉銀閣」。鎌倉巡空のアーティスト渡辺五大さんの銀燦堂を超える作品を目指しましたが皆さんの評価はいかがだったでしょうか?子どもたちの日々のメンテナンスで最終日までなんとか美しい状態のままおみせすることができました。


会期中はこんな感じで荒れた作品を何度も何度も修復していました。



雨にも風にも負けなかった2年生の妖精たち。



「都道府県プロジェクト」4年1組
このまま真っ直ぐ歩いてゆくと○○県に!?鎌倉の旧市街地を一望できる屋上から全国に思いを馳せる展示でした。

鎌倉小の宝物である屋上をアートを介して紹介できたのも成果のひとつでした。




真白太逸「独りごと」
結局、真白太逸とはどの先生だったのか。謎は深まるばかり。。

大好評につき最終日は追加公演を行い体育館はほぼ満員状態。

約10分間のパフォーマンスは人々の気持ちを熱くし、飛び火プロジェクトに弾みをつけてくれました。




キムラミツオ+すきまグループの「たきび広場」。82キロのお芋さんはすべて完売!!これは何よりもすきまグループの子どもたちが地域の方や観光客らとコミュニケーションをとれた結果です。地域の人のために1日外で働いた5年生。教師に用意してもらった出会いではなく、偶然出会った人と芋をとおして語らう「生」の喜びを実感できたのではないでしょうか?

活動を終えた後の子どもたちの赤いほっぺと生きた目がその証拠だったと思います。





それで委員会の「大牛」。鎌倉小のシンボルである大石を今年の干支である牛に変えちゃおうというノリでやってしまいました。


小学校の中でも滅多にはいることができないプール。プールにはそれで委員会の子がまいたスチロール粒が美しい模様を描いていました。流氷?蓮の葉?・・・?暖かい日に一人で水面を見つめながらぼ〜〜っとできた方はラッキーでした。



さんまのくら主宰の石井恵さんによるワークショップ「工作屋台」。

2日間開催で300名以上の来客がありました。

学校の廃材を利用しての工作は素材をとおして学校を知る機会になったのではないでしょうか?



岡本先生は鎌小の子は馴染みのある近代美術館所蔵作品の古賀春江「窓外の化粧」の世界を「浮遊感」をテーマに鎌小で表現しました。



保護者の方が急きょ出店!!冷えた体に染み渡りました。



渡邉先生は1週間公開制作をしました。故郷である山形に思いを馳せながらご自分の原風景を描きました。子どもたちも通るたびに変化している絵に釘付けでした。教師の役割として「背中をみせる」ことも大切であると実感しました。



最終日の奇跡。観光客を乗せた人力車が正門を突破して入ってきてくれました。褌を前に記念写真を撮影していました。



保健室も開放。約60年前の卒業生の方も来校。子どもがいる日常の空気を大変懐かしんでおられました。

風車ロードの風車は最終日、来場者に子どもたちからプレゼントしました。



1週間の記録映画を撮影してくれた映像作家の森内康博さんが設立した(株)らくだスタジオの若者たち。

神奈川県立近代美術館における子どもたちのドキュメンタリー映画製作以来2度目のお仕事でした。彼らの良さはまず自分たちが楽しもうとするところです。完成が楽しみです。



いよいよフィナーレの「飛び火プロジェクト」。直前には「それで委員会」の子どもたちが来場者の「なんとかなってほしいこと」を書いた絵馬を燃やしみんなの願いを天に届ける儀式?をしました。
グランドに直径80メートルの円が描けるのは鎌倉でも本校だけ。午前中は風が強く一時は中止という言葉がよぎりましたが、発起人の景山さんは「大丈夫。打ち上げる時は風は止む。」とはっきりと言い切っていました。さすがです。



無風状態の中、花火は定規で引いたような美しい線を上空50〜60メートルまで描きました。今回の「飛び火」は鎌倉の陸で打ち上げた初の花火だったそうです。

校舎の上に何やら怪しい影が!?

叫びながら涙を流していた人もたくさんいました。本当に爽快でした。あの感じはあの場所に集った人しか分からない感覚だと思います。



祭りのあとはさみしいものです。
次の妄想はすでに始まっています。次回はさらに学校を市民レベルまで広げて様々な人々の妄想を実現させたいと思います。それまでこの余韻を忘れず、ご支援下さい。


 さて、明確な主旨がないまま始まった「鎌倉なんとかナーレ2009」ですが、蓋を開けてみれば、一般の来場者は650名を超えました。期間中はそれぞれの人がこの不確かさを楽しみ、アート作品やワークショップ、プロジェクトを介してそれぞれの温度が伝わるようなコミュニケーションをとられていたように思います。これは恐らく既成の型ではなく、アートという不確かさがもたらした結果だと思います。

 地域の方からは「やっと語らう場をつくってくれた」という声、数十年前の卒業生からは「まさか子どものいる日常をもう一度感じることができるとは夢にも思わなかった」という声も聞こえてきました。地域のNPO団体からもいくつか「何かこの学校でやりたい」と声をかけていただいています。学校に新しい風を吹き込むことは子どもにとってだけなく、教員にとっても様々な価値にふれ、リフレッシュできる良い機会でした。学校を閉ざし、教員と子どもだけの空間にしていることがいかに創造性の芽を摘んでいるかが実感としてわかりました。校舎に巻かれた褌のようにもう一度(原点)回帰して、附属鎌倉小学校の現在の教員と子どもたちがリアリティを感じる活動がたくさん生まれることを願っています。


(左から中田メソッド、決起人、甘利副校長)
最後に「なんとかナーレ」を応援してくださったすべての皆様にお伝えしたいこと。。それは、今回「なんとかナーレ」を妄想し、実現できたことはすべて本校の副校長である甘利修先生の理解と強烈な後押しがあったからということです。かなりのリスクを背負いながら笑顔で見守ってくださった副校長には本当に心の奥底から感謝です。



言葉:高松
写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2009 | 01:57 | comments(5)

投稿者: grouprough

鎌小ブランドTシャツ追加販売決定!!

2009.12.11 Friday



「鎌倉なんとかナーレ」を記念して100着限定で作成した“パシフィック・オーシャン・ブルー“と“鎌倉小学校“のコラボTシャツは完売しましたが、大好評につき12日(土)、13日(日)の2日間、さらに150着を追加販売することになりました。 

価格は1500円(税込)です。サイズと数量は、XS:80着 S:40着 M:20着 L:10着です。数に限りがございますのでご希望の方はお早めにお買い求め下さい。

鎌倉なんとかナーレ2009 | 23:28 | comments(0)

投稿者: grouprough

「たき火広場」開始!

2009.12.08 Tuesday



キムラミツオとすきまグループを中心とする5年生児童が地域の方や観光客の方と焼き芋を介してコミュニケーションをとるプロジェクトが始まりました。



「自らが楽しむには、人を支え、地域の人に喜んでもらう」というミツオの合言葉に子どもたちが奮起し、初めて自分たちの力で焼き芋に挑戦しました。しかし、焼いただけでは人は来てくれないわけで、早速正門付近で行き交う地域の方や観光客の方に一生懸命声をかけていました。



ひとり、ふたり・・・と子どもの声と冬の風物詩である焼き芋の匂いに誘われてお客さんがやってきます。

「おいしいよ」
「ありがとう」
「ゴミまで集めてくれんの?」
・・・

子どもたちは準備された出会いではなく、偶然の出会い、つまり「生の出会い」にこれまでになく清々しい表情をしていました。

今週は土日も開催しています。食べたいものがあればもってきて焼くのもよし、差入れも大歓迎です!!みんなで寒い冬はたき火であたたまりましょう!

言葉:高松
写真:脱セノウ

鎌倉なんとかナーレ2009 | 19:32 | comments(0)

投稿者: grouprough

「独りごと」追加公演決定!!

2009.12.08 Tuesday



「独りごと」
12月13日(日) 16:00すぎ
場所:体育館


出演:真白太逸(ましろ たいつ)
feat.ハッピー犬久保、弁解人吉坂

参観自由(定員なし)

たった10分間の2度目の「独りごと」。
その中に込められた彼の思い。

「独りごと」観賞後、
17:00〜なんとかナーレのフィナーレを飾る「飛び火プロジェクト」にご参加下さい。その際は「こんな学校に(鎌倉に)したいなんとかナーレ10の思い」をご準備下さい。

鎌倉なんとかナーレ2009 | 17:24 | comments(0)

投稿者: grouprough

なんとかナーレ2日目

2009.12.06 Sunday



今日は昨日の荒天がウソのように雲ひとつない快晴。
美術作家の景山健さんによる「間プロジェクト」は今日より始動。
鎌倉でいちばん広い空を感じることができるグランドで四畳半の間を設け、掘りごたつに入ってそこに集う人々と語らいました。子どもたちや保護者だけでなく、ご近所の方や観光客の方々にも気軽に立ち寄っていただき、集った人々が心地よい時間を共有していたようです。





子どもたちの展示作品ですが、昨晩の雨風にもなんとか耐え、美しい状態で鑑賞していただくことができホッとしました。



さてさて、ブラザーズによる「回帰」ですが、本日は一気に4本の褌を校舎に巻きつけ、パフォーマンスを展開しました。部下の褌パフォーマンスを上司の副校長が手伝うなんて光景は奇跡です。本当に「面白がる力」が一級品の副校長あっての「なんとかナーレ」です。感謝感謝。






(4年生の「学校の住人」と5年生の「鎌倉ふね工房」)


それから本日は「さんまのくら主宰の石井恵さんによる「工作屋台」のワークショップが開催されました。ぽかぽか陽気の中、学校から出た廃材を利用して在校生、一般の参加者も含めて100名以上が思い思いの工作を楽しみました。



ご近所の学校に通う2人の男の子が下校途中に作品を取りに立ち寄りたいと申し出てきました。もちろんOK!ちょっとしたことですが他校の子が鎌倉小に作品を取りに立ち寄るなんてなんだかいいものですね。



こちらはそれで委員会による「なんとかなる樹」プロジェクト。来場者が絵馬になんとかなってほしいことを書いて正門横の樹の縄に結びます。「鳥取の人口が増えますように」には笑ってしまいました。



こちらはそれで委員会によるプールの展示です。なにやら白いものが浮いています。一箇所にとどまることなく、ゆっくりとカタチを変えながら動いています。毎日少しずつ数を増やしていく予定です。

追記:鎌倉ケーブルテレビの取材を受けました。7日(月)18:00〜の番組内で紹介されるそうです。

言葉:高松
写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2009 | 23:08 | comments(0)

投稿者: grouprough

なんとかナーレ開幕!

2009.12.05 Saturday



「鎌倉なんとかナーレ2009」が開幕しました。
今回の目玉の一つは教員自らがアーティストとして表現やパフォーマンスをやってしまうことです。



本日は真白太逸の「独りごと」の公演を行いました。
約10分間のパフォーマンスは観客を魅了し、皆は彼が教員であることを忘れてしまっていたのではないでしょうか?たった1回の公演はさみしいという声も聞こえてきました。ご覧になられた方もご覧になれなかった方も「みたい!」という声があがれば、来週末あたり2回目の公演があるかもしれません。



もうひとつはブラザーズによる「回帰」です。閉塞感漂う学校社会にむけてもう一度「原点回帰」を主題にして、校舎に約50メートルの褌を巻いて、その上に仁王立ちをするパフォーマンスを展開しました。今日は荒天のため1枚でしたが、明日は4枚一気に巻くそうです。学期末の一番忙しい中、無駄を楽しむ教員の姿をぜひ鑑賞しに来場下さい。

それから100着限定で作成した鎌小ブランドTシャツは、初日にして71着(XSサイズは完売)が売れ、残りわずかとなっております。

言葉:高松(鎌倉の変実行委員会)

鎌倉なんとかナーレ2009 | 18:31 | comments(1)

投稿者: grouprough

なんとかナーレに向けて 〜6年1組の活動〜

2009.12.05 Saturday



毎度おなじみの広報係です。
今日は・・・ついに!「鎌倉銀閣」が完成しました!!
(かなり予定より遅れましたが・・・)
今日は前回の修復、ろうかにもっと糸をはりめぐらせる最終的な仕上げ、大そうじをしました。そうじの時に遊んでいる人が出てしまい、計画よりも遅れてしまいました。


(こだわりの枯山水と自然光・・・)

しかし、完成した作品は迫力があり、自分たちが見ても感動する、想像以上にすごいものができました。きっとみなさんの期待に応えられると思います。明日から始まるなんとかナーレ、力を入れてがんばるので、ぜひ見に来てください!!


(完成を祝して万歳三唱するみんな)

言葉と写真:カプチーノ・ソルスリエ(6年1組広報係)

鎌倉なんとかナーレ2009 | 01:02 | comments(0)

投稿者: grouprough

「独りごと」

2009.12.01 Tuesday



「独りごと」
12月5日(土) 12:30〜
場所:体育館


出演:真白太逸(ましろ たいつ)
feat.ハッピー犬久保、弁解人吉坂

参観自由(定員なし)
好評なら後日追加公演あり

たった10分間の「独りごと」。
その中に込められた彼の思い。

鎌倉なんとかナーレ2009 | 19:29 | comments(0)

| 1/2ページ | >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.