蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレの夏休み4

2010.07.25 Sunday



7月24日土曜日、なんとかナーレの夏休み最終日。
本日は渡辺豊重さんのワークショップの後編がメインでした。



前回のワークショップで表現した鬼が展示してある鎌小へ移動。鎌小の児童作品や校内展示を鑑賞しました。



そして豊重さんが登場。
60枚に及ぶずべての参加者の作品を講評されました。



午後から再度美術館に戻り再び豊重さんの鬼たちを鑑賞。学校美術館で上映していた「美術館で体育」の記録映画の影響でしょうか、館内で体を動かす参加者が目立ちました。



午後4時、1ヶ月間展示されたモクモクがいよいよ旅立ちの時です。思えば梅雨の時期もモクモクを展示する時はいつも晴れでした。この4日間の猛暑は恐らくモクモクの影響だったのでしょう。



1988年に近代美術館鎌倉に展示されて以来、約20年ぶりに鎌倉に戻ってきたモクモク。中庭の風景の日常になったモクモク。再び鎌倉に戻ってくる日はあるのでしょうか。

なんとかナーレの夏休みはこれをもちまして終了です。今回は夏休みらしく、企画数も控え目でのんびりとした4日間を設定いたしました。ご来場いただきました皆様、夜の校庭解放では自主企画で様々な試みをして下さった皆様に感謝いたします。

次回なんとかナーレ2010<本番>は11月1日〜7日です。
前回のなんとかナーレ2009以上の盛り上がりを目指して現在参加アーティストなど交渉中です。子どもから大人まで、プロアマ問わず、様々な個性が交流できる原っぱを目指していきます。ご期待下さい。

写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 01:27 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレの夏休み3

2010.07.25 Sunday



7月23日金曜日。今日は工作屋台2日目。
昨日の活動の後石井さんとふりかえりをし今日の見通しを持てた子どもたちは朝から材料の下ごしらえ。



連日の猛暑の中、昨日よりも多くのお客さんが屋台を活気付けてくれました。



店長も2日目となると昨日の反省を生かして手際よく、丁寧に接客ができていました。



夕刻は夜の学校の準備。美術家の景山健さんと子どもたちで鬼の気配の展示をしました。天井から吊り下げた黒塗りのダンボールは夜になると風に揺られて怪しい影をつくりだし、チベット密教の音との相乗効果で校舎内に入ってきた子どもたちを恐怖で震えあがらせました。



19:00ともなると日中の猛暑がウソのように心地よく、モクモクは夕日に包まれて気持ちよさそうでした。



夜の校庭は連日の賑わい。花火にスイカ割りに夏らしい遊びであふれました。

写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 00:52 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレの夏休み2

2010.07.24 Saturday



7月22日木曜日、なんとかナーレの夏休み2日目。
今日は石井恵さん(こどもと造形「さんまのくら」主宰)と鎌倉小学校児童有志が学校と近代美術館とを結ぶ八幡様の境内で「工作屋台」を開催。



工作屋台は、児童有志が店長として自分で学校や美術館から出た廃品を集め、道行く人がその材料を使って工作をするお手伝いをする催しです。
参加者は普段は工作に使用しないような学校や美術館の素材をいかして工作に取り組みました。



夕刻からは近代美術館主催で作家渡辺豊重さんの地元栃木県那珂川の漁師さんが鮎の塩焼きを来場者に振舞いました。



美術館の館長さんや主役の豊重さんももちろん参加。



250匹の鮎が瞬く間に来場者のお腹の中へ。近代美術館で開催中の渡辺豊重展に花を添えるとともに、鎌倉小学校の児童、教員にとって夏のよき思い出となりました。
ある子が「今日は安心する」と言っていました。それは恐らく自分の方を向かずイベント自体を楽しむ背中を見せる大人がたくさんいたからだと感じています。



日没後はさらに鎌倉小児童と保護者がたくさん来校。校庭を原っぱとして、あるクラスは浴衣で夕涼み会、あるグループは花火大会と思い思いの遊びに夢中になっていました。



なかなかこんな光景も地域の中の日常でなくなってきました。いつもの下校時刻は16:00。放課後時間がほとんどゼロに近い鎌小の子達にとって非日常の時間となり、とても気分が高揚したようです。



夜の学校といえば、やはり校舎。外の賑わいをよそに、鎌倉在住の美術家景山健さんが内緒で校舎内に鬼の気配を展示。奥の教室から光が漏れ、近づけば近づくほど匂いが強くなり、音も大きくなる。子どもの恐怖を煽るには十分でした。泣いてしまった子どもたち、ごめんなさい。



わかりづらかったですが、廊下の奥の教室にいたのはこんな人たちでした。



日中は光化学スモッグ注意報が出るほどの猛暑でしたが、夕刻から日没後にかけてはたくさんご来場いただきました。

写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 22:12 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレの夏休み1

2010.07.22 Thursday


なんとかナーレの夏休み初日。
本日は近代美術館主催で展示中の作家、渡辺豊重さんのワークショップを開催しました。


午前中は美術館でゆるりとした時間の流れの中で「鬼と遊ぶ」展を作品鑑賞、そして豊重さんと交流しました。


夏休みというニュートラルな時期に、一人ひとりの参加者が心地よい歩幅で時間を過ごせたようです。


午後は会場を鎌倉小に移して、表現活動へ。
大きな紙に思い思いの鬼を描きました。


豊重さんには途中、自ら表現する姿を参加者の皆さんに披露していただきました。


これらの作品は最後に校舎内に展示しました。日中見るのと、日が沈んだ後うっすらと見えるのとではまったく受けるイメージが違うんでしょうね。明日明後日夜の学校開放で、校舎に忍び込んでみるもの面白かもしれませんね。


今日からモクモクは中庭から引越しをして低学年グランドにお目見えです。少々風が強く、居心地が悪そうでした。少しずつこの場所になじんでくれるといいなと思います。

モクモクは24日を最後に鎌倉を去ります。まだご覧になっていない方はぜひ。

言葉:高松
写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 00:44 | comments(0)

投稿者: grouprough

美術館で体育!

2010.07.11 Sunday

2010年7月7日 水曜日 くもり。
鎌倉近美で開催中の渡辺豊重さん(モクモクの作者)の展覧会「鬼と遊ぶ」に4年2組と行ってきました。


(入館前の準備体操をする赤坂先生と4年2組の子どもたち)

”試みる学校”鎌小発!体育と図工のコラボ、題して「美術館で体育2」!!
3年生から続けてきた体育の身体表現が、「なんとかナーレの放課後」におけるNY在住アーティスト、ヨシコチューマとの出会いでさらに加速し、美術館の作品の前で言語なしで即興的に身体表現をするという「美術館で体育」という試みまでつながりました。図工以外の教員が美術館を活用するのは美術館と連携して5年目で初です。



これまでの鑑賞のパターンは「みる・はなす・きく・かんがえる・つたえる」でしたが、今回は「みる・うごく・かんじる・うごく・かんがえる・つたえる」という感じでしょうか。



絵のイメージと自身の動きがしっくりとくるまでひたすら動き続ける。
動的なイメージを受けて激しく動いているうちに、絵の中に”静”を感じ、また動きが変化する。それぞれの絵の前が舞台になっていました。



今回の授業では、クラスとして突き抜けた感がありました。お見事です。2学期は風景を前に身体表現をしたいとの声も子どもからあがりました。我々教師も子どもから見たことのない世界をみせてもらっています。

撮影した映像は「なんとかナーレの夏休み」で学校美術館にて上映いたします。お楽しみに。

高松

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 01:03 | comments(0)

投稿者: grouprough

80×2=160

2010.07.08 Thursday

今日の3,4時間目、モクモクがいる中庭には子どもたちがあふれていました。


3-2は、モクモクの詩を、


2-1は、モクモクの絵を。


見て感じた「色」を描きました。
おそれずに心に思った通りに、青や黒を使ってみていました。


いちどに80人もの目に見つめられて、モクモクはどんな気分だったんだろう・・・?


図工部・渡邉

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 20:53 | comments(0)

投稿者: grouprough

モクモクとそら

2010.07.06 Tuesday


今日も午後から豪雨?などと噂されていましたが、
モクモクが出て太陽もずっと顔を出していました。

授業では5年生が神奈川近代美術館へ渡邉豊重さんの「鬼と遊ぶ」展を観てきました。

ここで学校美術館
俳句コーナーから一句

空の上
    ただ一つだけ
             赤いくも
6年児童 R . O



池田拓馬

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 16:27 | comments(0)

投稿者: grouprough

学校美術館始まる!!

2010.07.01 Thursday

今日のモクモクは‥‥

ガラスに映った「はんしゃモクモク」です!
見る場所を変えると、なにやら印象が変わるから不思議です‥。
今日も暑かったですが、モクモクは元気に赤かったです。

そして、ついに今週月曜日から学校美術館がオープンしました!!
美術委員が、図工室の片付けに始まり、壁の設置や作品の用意、
ライトの取り付けなど、コツコツと準備を進めてきました。
展示室は新調したライトのおかげで、とっても落ち着ける雰囲気。

第一回目の展示作品は、モクモクの作者である渡辺豊重さんの
作品ということもあってか、初日は大盛況!!

芳名帳には列ができる人気ぶり。

作品のテーマと関係して、図書室の先生に「鬼」にまつわる本を
用意していただきました。展示室に用意されています。

作品だけでなく、モクモク搬入時の写真や、俳句コーナーもあり、充実しています。

ステキな空間となりました!!

最後に、みんなが詠んでくれた俳句の中からひと作品


おだんごだ ひとつたべても まだみっつ   3-2





鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 17:43 | comments(0)

投稿者: grouprough

中庭になじんできた?

2010.06.25 Friday



今日はあまりモクモクが光っていない。
いつもは、もっと光っているのに。
でも元気そうに立っている。


ニックネーム アカミミガメ兄弟

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 17:41 | comments(0)

投稿者: grouprough

モクモクの中に入ってみたいな。

2010.06.24 Thursday


2年生の書写の授業。




この日のテーマは「モクモク」でした。
雨の多い6月、今度はいつモクモクにあえるかな。


(・e・)

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 20:42 | comments(0)

| 1/2ページ | >>

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.