蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

投稿者: grouprough

なんとか無事閉幕!5日間で2000名の来場者!! 皆様、ありがとうございました!!!

2010.11.08 Monday

とうとう最終日まで晴天でした。


鎌倉市農協連即売所内にあるパン屋「パラダイスアレイ」さんから特製パンの差し入れをいただきました!!さて何の文字がみえますか?


子どもたちの秘密基地のような存在だった長谷川大輔さんによる「ブタマンテ」。1ヶ月の滞在期間中はこの作品をとおして子どもと関係を築き、クラスのお楽しみ会にも招かれるなどすっかり日常に溶け込まれていました。

6年生による担任の先生をいじった作品。日々子どもたちが感じる先生の短所までもユーモアに変えてしまうこの発想には思わず笑ってしまいます。



製作中の職人さんの顔はやっぱりかっこいい。


本校教員も筆入れをさせていただきました。


手品師の堀内大助さんによる「びっくりし体験」。朝からホットなお客様と盛り上がっていました。


1年生の色水もようの中にエースナカジマの標識が。



校内にエースの標識が点在していました。


それで委員長(児童)による「ひとりプロジェクト」。期間中事故で壊れましたが、最終日気を取り直して再度挑戦。


大石裏のにじり口からしのびこむと・・・。
横浜国大生の伊藤ちづるさんによる「誰かの記憶」の展示室になっていました。
体育館の舞台下にある「ならく」は普段は使用していない部屋です。廃材に命を吹き込んだ作品は来場者から様々なストーリーを紡ぎだしていました。

非日常化された学校の中で濃淡がある5日間を過ごされたムサビの学生さん。「単純に片付けられない重要なもの」。これはなんとかナーレ自体にもいえることですね。なんだか分からないけれど多くの人が集い、何らかの形跡をのこし、またそれぞれの日常の世界に帰っていく。このブログをみた皆さんもコメントを書き込んでいただければと思います。


2年生のひもつなぎインスタレーション。



パターン岩立(算数の教員)による「ひたすらブロック」が終了!!
これぞ算数の美しさ。


リッキーの最終パフォーマンス。全校放送でラジオ体操。型からのズレを来場者と大いに楽しみました。


それで委員会の「意図電話」。


「アマリニモ」完成!!そして展示へ。
これほどまでに職員から慕われ、尊敬される甘利先生。完成してあらためて職員一同納得の企画でした。


昨年はカメラの前に姿を見せなかった甘利先生。今年はなんとかナーレについて大いに語っていただきました。それぞれの教員の妄想を実現できる環境を整えてくださる管理職の先生が世の中にたくさんあふれるといいなと思います。


恒例の「工作屋台」。暑くもなく寒くもなくちょうどよい気候の中、たくさんの来客がありました。子ども店長が数週間前から鎌倉の商店街や学校で集めた廃材で工作しました。


真白太逸(体育の教員)と赤タイツたちの公演「独りごと→会話」。開場15分前にはすでに数十メートルの列ができていました。


最後は4人で記念写真。この先生教員バンドでドラムを叩いていませんでしたか?教員なら誰でもいろいろなことができるなんて思わないで下さいね。この先生が特別です。


フィナーレの「飛び火プロジェクト」。今年はただの花火大会でなく、作品にするため、来場者で“静寂”をつくる試みをしました。静寂の中、打ち上がる花火はまた一味違ったものになりました。


フィナーレ後は中学生のゲリライブ。昨年の褌姿で盛り上げてくれました。彼らの熱い魂はまだまだ健在です。


校舎がちょっとした映画館にみえました。


パラダイスアレイからいただいた特製パンは“なんとかナーレパン”でした。感謝感謝です。


20組を超えるゲストの妄想を実現できたのは全てこの先生のおかげです。
附属鎌倉小学校教職員より感謝の気持ちを込めて、アマリニモありがとうございます。また、5日間事故なく終えることができたのは、多くの保護者ボランティアの方々のおかげです。心より感謝いたします。

最後にご来場いただいた2000名に及ぶ皆様とは、また次回お会いできることを楽しみにしております。

写真:よ,TAICHI

鎌倉なんとかナーレ2010 | 00:21 | comments(0)

投稿者: grouprough

日々快晴!!

2010.11.07 Sunday


横浜国大の物部先生による「校庭でエルゴ」。室内で使うエルゴメーターをあえて広い校庭でこぐ。このバカバカしさを共有しながら気軽に語らう。物部先生のお人柄と行動力で実現できたことです。



鎌倉小学校算数教諭パターン岩立による「ひたすらブロック」。普段は机上でしか使用しないブロックをあるだけ使い、とことん表現していました。担任する子どもが「先生かっこいい」「クラスのみんなとやりたい」とつぶやいていました。先生自らが算数の形式を越境する姿をみて思わず出た言葉だと思います。ここまでやってしまうと算数って美しいと実感できます。


こちらは4年2組赤坂級と横浜国大モダンダンス部の公演です。3年生から取り組んできた身体表現がNYで活躍中の舞台監督ヨシコチューマとの交流や神奈川県立近代美術館での「美術館で体育」の試みへつながり、そして今回とうとうなんとかナーレでモダンダンスとコラボへ深化。学校関係者でない来場者からも「興味のない世界だと思っていたけど、本当に面白かったし、質も高かった。現在の体育の動向も紹介してもらえてよかった。」との感想をいただきました。


映画看板職人の上岡高広さんによる公開制作2日目。少しずつ全貌が明らかになってきました。

いつになく緊張しながら筆入れをする児童。プロの絵ですから無理もないですね。


手品師堀内大助さんによる「びっくりし体験」。いつの時代も手品は人を魅了します。新しい世界との出会いに参加者は興奮していました。


6年1組が紆余曲折を経てようやく完成させた「空とぶ茶室」。青空の中をを浮遊しながら茶室へ。


パフォーマンスアーティストのリッキーと意気投合したキム(鎌倉小教員)がラジオ体操でコラボ。何でも5歳の時からラジオ体操にズレを起こしたかったというキム。二人は子どものようにはしゃいでいました。


今回なんとかナーレには、松尾崇鎌倉市長も来場。なんとかナーレ発起人の高松(鎌倉小教員)と景山健さん(美術家)と共におこたに入って語らいました。


こちらは「つなんとかナーレ」の様子。雪の造形ワークショップ「かまくらでかまくら」以来、廃校を利用しての宿泊学習と絆を深めてきた津南町。今回は津南の住民が獲れたて野菜と鎌倉小の児童が育てた無農薬米の即売会を開催。児童と先生も協力し、野菜は見事完売。一時テント前が買い物客であふれました。


横浜国大大泉ゼミ「アートツールキャラバン」。特に小さいお子様に大人気。五感を使って大いに楽しんでいました。


旅するムサビプロジェクトの鈴木さん。4日間来場者が描いた絵をどうまとめていこうか思案中。


「なんばしすたーず」の演劇公演。シンプルなセットに観客との掛け合いでストーリーができていく独特の世界は興味をひきました。特に演劇の学習を始めたばかりの4年1組の子どもたちには刺激的だったと思います。

鎌倉なんとかナーレ2010 | 01:17 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ開催中!!

2010.11.04 Thursday

鎌倉なんとかナーレ2010開催しました。
初日の今日は天気にも恵まれ秋のきれいな日差しが差し込む中、なんと1,000名を超える方々にご来場頂きました。

一年生の作品「水色もよう」

イベントも盛りだくさん。
PTAコーラスの「コールりんどう」から始まり、教員バンドで体育館はヒートアップしていました。先ほどまでしっとり歌っていた保護者の皆さんが教員バンドの演奏では縦ノリに。。







昇降口では、4年2組の野点が行われ、来た人たちをおもてなし。
何日も前から保護者、担任、児童が一体となって準備してきました。
しっかり作法も身につき、300人以上の人にお茶を振舞っていました。ちょうどこの野点が学校の外と内をつなぐ縁側となり、どんどん来場者が増えました。

「アマリニモ」では映画看板職人の技が披露されています。職人の圧倒的な画力を間近でみることができます。その浮かび上がる像は何でしょうか。。最終日に明らかになります!



他にも、様々なイベントが開催され、子どもたちの作品も校内に並び、「幻風景」映画上映大盛況のうちに幕を閉じました。



NPO法人日本ハワイアンカヌー協会によるフラダンスワークショップ。参加者とみんなで楽しみました。



体育館では、プロミュージシャンの有坂美香さんによる「Let's Sing Gospel ! 〜ゴスペルを歌おう〜」を実施。100名の参加がありました。
おとなも子どもたちもいっしょうけんめい声を出してました。



児童有志「それで委員会」による「意図電話」校内のどことつながっているんでしょう?



エースナカジマによる「もやもや」。
校内に本気で標識を設置します。校内を巡る中でいくつの標識が見つかるでしょう?



こちらはなんとかナーレ恒例のキムラミツオの「焼きいも広場」。
今回の芋にはストーリーがあります。昨年なんとかナーレの雪の造形ワークショップ「かまくらでかまくら」で縁ができた新潟県津南町。その後高学年のクラスが津南町の廃校を利用して自炊生活をする宿泊学習を試みました。そこで植えたサツマイモの苗を秋に児童有志で収穫に行きました。今回の「焼きいも広場」ではその芋を来場者にふるまいました。昨年の1週間分の量が今年はたった1日で完売!


5年生の作品「自我ハウス」みんな楽しそうに遊んでいます。いつの時代も子どもにとってダンボールハウスは魅力的なんですね。

引き続きたくさんのイベントを開催しますので、すでにお越しの方も、これからお越しの方も是非是非よろしくお願いいたします。

また、11/2発売の「an an」になんとかナーレの情報が掲載されました◎

鎌倉なんとかナーレ2010 | 18:30 | comments(0)

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2010 開催決定!!

2010.10.05 Tuesday



2010年11月3日(祝/水)〜7日(日) 
平日10:00〜16:00 
祝・土17:00まで 日18:00完全下校 
※7日(日)17:30〜 恒例の「飛び火プロジェクト」
上空70mに達する火柱花火。花火とともに皆さんの「なんとかしたいこと」を上空に打ち上げましょう!!お友達,ご近所の皆さんをお誘いの上ご来場下さい。


<お詫び>
①6日(土)に企画していました横浜国立大学管弦楽団有志による演奏とワークショップ「鎌倉音楽会」ですが、事情により中止となりました。次回にご期待ください。
②5、6日に企画していました横浜国立大学大泉義一AEゼミによる「アートツールキャラバン」は6日のみの開催になりました。


【主催・会場】横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校
【運営】鎌倉なんとかナーレ実行委員会
【共催】横浜国立大学教育人間科学部,横浜国立大学教育デザインセンター
【後援】鎌倉市,鎌倉市教育委員会,(社)鎌倉市観光協会,(株)江ノ島電鉄,鎌倉エフエム放送株式会社,(株)鎌倉ケーブルコミュニケーションズ
【協力】鶴岡八幡宮,group-rough,(株)らくだスタジオ,PACIFIC OCEAN BLUE

【参加者】有坂美香(ミュージシャン),上岡高広(映画看板職人),松尾崇(鎌倉市長),堀内大助(手品師),景山健(美術家),なんばしすたーず(俳優),長谷川大輔(アーティスト),山川力也(アーティスト),エースナカジマ,横浜国立大学教員学生有志,附属鎌倉&横浜小教員バンド,保護者有志,地元NPO団体,新潟県津南町住民など約20組をこえるゲストアーティスト,団体を小学校へ招き交流すると同時に,児童,保護者,教員も併せ37ものイベントを開催します。現役の小学校の中で様々な出来事が交差する5日間。「もう一つの○○」に出あう新しい学校開放にぜひお越し下さい。

【対象者】鎌倉市民,観光客,教育関係者等 どなたでも 
【参加費】入場無料

★『鎌倉なんとかナーレ2010』記念Tシャツ販売のお知らせ
昨年好評だった記念Tシャツの第2弾を限定販売いたします。なくなり次第終了ですので興味のある方はお早めに!!
Tシャツ原画:ササオカヨウスケ(イラストレーター)
→横浜国立大学卒業、group-rough所属。最近ではASIAN KUNG-FU GENERATIONの夏フェスTシャツを手がける。



【事前申し込みが必要なイベント】
※以下①〜④は事前申し込みが必要です。一般の方で参加を希望される方は,希望イベント名、人数分の氏名・年齢、連絡先 ( 代 表者 ) を明記の上、メールでご応募下さい。応募多数の場合は抽選後お知らせいたします。
nantoka2010@gmail.com


①ワークショップ
 「Let's Sing Gospel !! ~ゴスペルを歌おう~」
  有坂美香(ミュージシャン)

 11/3(祝・水)12:00〜14:45 体育館 
 ※定員なし ※参加費無料

②ワークショップ
 「びっくりし体験」
  堀内大助(手品師)

 11/6(土),7日(日)10:00〜12:00 
 ※両日とも定員30名(申し込み多数の場合は抽選後通知いたします)
 ※参加費無料
 ※参加申し込みをされる方は参加希望日をお知らせ下さい。

③ワークショップ
 「むすび・つながり楽しむ ”ドラまど”」
  アーティストU(スクールカウンセラー)

 自分とのつながり〜人とのつながりを探るミニロールプレイワークショップ。子どもからおとしよりまで参加できます。
 11/3(祝・水)10:00〜12:00 
 ※定員なし ※参加費無料

④演劇公演
 「私たちは姉妹」
  なんばしすたーず(俳優)in鎌倉

 11/6(土)16:00〜17:00 場所は当日お知らせいたします
 ※定員40名。(要予約)1000円。
 (申し込み多数の場合は抽選後通知いたします)
 ※鎌倉小関係者やそのお知り合い、鎌倉市民は入場無料




【常設展示】
★期間中常時展示、もしくはワークショップを開催しています。

●「児童図工作品展示」(鎌倉小学校全児童)
●「意図電話」などそれで委員会(児童有志)

●「∞街区」池田拓馬(アーティスト、鎌倉小教員)
場所:階段下倉庫(図工室前)

●「ブタマンテ」長谷川大輔(アーティスト)
場所:2階テラス
→1ヶ月間鎌倉小学校に通い、2階テラスに子どもたちと謎の祭壇をつくった長谷川氏。果たして彼のねらいは?祭壇の中には何があるのか?

●「作品展示」伊藤ちづる&長谷川優(横浜国立大学美術科学生)
場所:体育館奈落&保健室

●「旅するムサビ いざ鎌倉!!」佐藤&鈴木(武蔵野美術大学学生) 公開制作&一緒に制作

●「もやもや」エースナカジマ(アーティスト)校内に本気で標識を設置します。

●「作品展示」小林孝一郎(アーティスト)第2合併教室でアーティストの絵画展。

●作品展示&活動記録展示「はじめまして!」
NPOはじめまして、美術館。
場所:2階ホール



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【11月3日(祝・水)の出来事】

●「常設展示」10:00〜16:00 ※上記参照

●公開制作「アマリニモ」
職人:上岡高廣(映画看板職人)
場所:昇降口前
→職人の培われた看板制作の圧倒的な技術が間近でご覧になれます。巨大な画面に描かれるのは果たして? 


●「鎌倉音楽会①」 10:45〜11:15くらい
出演:コールりんどう(鎌倉小PTAコーラス),教員バンド(ジョニー古谷,くすくすもと,テンション小笹,ビビる及川,セノショー,なまら佐藤<以上附属鎌倉小>,由井薗健<附属横浜小>)
場所:体育館


●「野点〜お茶でおもてなし〜」 10:00〜売り切れまで
担当:4年2組(赤坂級)保護者、児童有志
場所:昇降口前
→ゆったり茶道を楽しもう。1杯100円。


●「やきいも広場」 10:00〜売り切れまで

担当:キムラミツオと仲間たち
→たき火とやきいも(子どもたちが新潟県津南町で育て、収穫したサツマイモ)で集う人々とまどろむ時間をつくります。無料。


●「Good Morning !」 時間未定
山川力也(アーティスト)

●ワークショップ「Let's Sing Gospel ! ~ゴスペルを歌おう~」
12:00〜15:45

講師:有坂美香(ミュージシャン)
場所:体育館 
※当日の参加もありです。


●ワークショップ「フラダンスワークショップ」
11:00〜/13:00〜/15:00〜
講師:NPO法人日本ハワイアンカヌー協会 
場所:中庭
”カマクラハカ(鎌倉版ウォークライ)”ワークショップ
※申し込みなくどなたでも参加できます!! 


●映画「幻風景」鎌倉巡回最終上映 !! 
製作:(株)らくだスタジオ

15:15〜16:30
場所:体育館

※入場無料 定員300名
取り壊された古民家をきっかけにした、ブランド化された鎌倉でなく、あたりまえの鎌倉、あたりまえの風景についての映画。1ヶ月間の鎌倉巡回上映会を鎌倉なんとかナーレで締めくくる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【11月4日(木)の出来事】

●学校公開「鎌倉小学校の日常」10:00〜16:00

●「常設展示」10:00〜16:00 ※上記参照 

●「鎌倉音楽会②」10:25〜10:40/13:20〜13:45
出演:附属鎌倉小学校児童 音楽委員会
場所:中庭
定員:なし

かまくらまなびプロジェクト 公開授業「カマボコつくりタイ」
 井上蒲鉾店(鎌倉駅前店)×2年1組(金子級)
場所:家庭科室


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【11月5日(金)の出来事】

●学校公開「鎌倉小学校の日常」10:00〜16:00

●「常設展示」10:00〜16:00 ※上記参照 

●「鎌倉音楽会③」
10:25〜10:40/13:20〜13:45

出演:附属鎌倉小学校児童 音楽委員会
場所:中庭
定員:なし


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【11月6日(土)の出来事】

●「常設展示」10:00〜16:00 ※上記参照 

●公開制作「アマリニモ」
職人:上岡高廣(映画看板職人)
場所:昇降口前
→職人の培われた看板制作の圧倒的な技術が間近でご覧になれます。巨大な画面に描かれるのは果たして?

●公開制作「ひたすらブロック」10:00〜17:00
作者:パターン岩立(鎌倉小教員)
場所:3年3組教室
→算数の授業で使うパターンブロック。授業中は限りのあるところまでしか並べることができませんが、この日はありったけのブロックをパターン岩立が教室の床に敷き詰めてみます。

●「アートツールキャラバン」10:00〜16:00
ファシリテーター:横浜国立大学 大泉義一AEゼミ
場所:1階プレイルーム
対象:どなたでもいつでも参加できます
→「アートツールキャラバン」は、子どもの諸感覚(視覚・触覚・聴覚・嗅覚)を刺激して、能動的で実験的な造形行為を促す「アートツール」が設置された遊び場です。ここでは、子どもたちが「アートツール」で遊ぶことをとおして、自らの感覚を発揮し創造心を奮い立たせることができるでしょう。

●ワークショップ「びっくりし体験」10:00〜12:00
講師:堀内大助(手品師)
場所:音楽室
定員:30名(一般の方はメールにて申し込み、多数の場合は抽選後連絡)
対象:小学生以上ならどなたでも
→「ふだん、あたり前に感じているものでも、ちょっと「?」をつけて考えてみると、ふしぎに感じることってたくさんあります。ものの見かたを変えたり、いろんな疑問を持つことで、あたり前のことがあたり前でなくなります。参加したみんなが感じる「ふしぎ」を発表してもらったり、手品師の堀内大助のマジックショーを観たり、いろんな「ふしぎ」「おどろき」を体験して考えてみよう。また、参加したみんながちょっとマジシャンになって、休み時間やお楽しみ会で友だちに「ふしぎ」を与えられるように、マジックの「ヒミツ」もこっそりおぼえられるかも!?しれません。(堀内)」
★持ち物:家や学校のまわりで、「ふしぎだなあ」「なんでだろう?」って感じるものを持ってきてください。また、『びっくりした!』『ふしぎっ!?』って思った体験などを作文にして持ってきてくれてもOK!

●ワークショップ「ロープワークショップ」
10:00〜17:00 いつでも参加OK!!

講師:NPO法人日本ハワイアンカヌー協会 
場所:中庭

★公演「身体表現」12:00くらい〜 
出演:横浜国立大学モダンダンス部×鎌倉小4年2組(赤坂級)
場所:体育館
対象:どなたでも
→チラシには掲載されていませんが、横浜国立大学モダンダンス部有志が決起!赤坂先生とともに身体表現に取り組み、なんとかナーレでヨシコチューマとの出あい、神奈川県立近代美術館鎌倉と連携して「美術館で体育」に取り組んできた4年2組とのコラボ公演!!

●「工作屋台」13:00〜16:00
講師:石井恵(こどもと造形「さんまのくら」主宰)
場所:鶴岡八幡宮境内
→なんとかナーレお馴染みの工作屋台が秋も出店。子ども店長と工作しましょ!

●座談会「市長カフェ」13:00〜15:00頃
担当:松尾崇(鎌倉市長)
場所:昇降口前「間プロジェクト」縁台
→鎌倉市長松尾崇氏と景山健が繰り広げる座談会。来場者も気軽に鎌倉市長とお茶を飲みながら語らいましょう。

●「物部氏のグランドでエルゴ」お昼くらいからぼちぼち
担当:物部博文(横浜国立大学)
場所:グランド ※雨天中止
→物部先生とエルゴメーターに乗って語らいましょう。

●とれたて野菜即売会「つなんとかナーレ」13:00頃〜17:00
担当:新潟県津南町三箇地区住民×キムラミツオ
→なんとかナーレにおける雪の造形活動「かまくらでかまくら」がご縁で、現在は宿泊学習までお世話になっている新潟県津南町。今回は宿泊でお世話になっている三箇地区からとれたて野菜と無農薬米ともにいざ鎌倉!!

●演劇公演「私達は姉妹」16:00〜17:00
出演:なんばしすたーず(俳優)
場所:当日お知らせいたします
定員:40名程度
対象:演劇に少しでも興味のある方なら小さいお子様からどなたでも
入場料:鎌倉小関係者やそのお知り合い、鎌倉市民は無料、一般の方は1000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【11月7日(日)最終日の出来事】

●「常設展示」10:00〜16:00 ※上記参照 

●ワークショップ「びっくりし体験」10:00〜12:00
講師:堀内大助(手品師)
場所:音楽室
定員:30名(一般の方はメールにて申し込み、多数の場合は抽選後連絡)
対象:小学生以上ならどなたでも
→「ふだん、あたり前に感じているものでも、ちょっと「?」をつけて考えてみると、ふしぎに感じることってたくさんあります。ものの見かたを変えたり、いろんな疑問を持つことで、あたり前のことがあたり前でなくなります。参加したみんなが感じる「ふしぎ」を発表してもらったり、手品師の堀内大助のマジックショーを観たり、いろんな「ふしぎ」「おどろき」を体験して考えてみよう。また、参加したみんながちょっとマジシャンになって、休み時間やお楽しみ会で友だちに「ふしぎ」を与えられるように、マジックの「ヒミツ」もこっそりおぼえられるかも!?しれません。(堀内)」
★持ち物:家や学校のまわりで、「ふしぎだなあ」「なんでだろう?」って感じるものを持ってきてください。また、『びっくりした!』『ふしぎっ!?』って思った体験などを作文にして持ってきてくれてもOK!

●公開制作「アマリニモ」完成!!
職人:上岡高廣(映画看板職人)
場所:昇降口前
→職人の培われた看板制作の圧倒的な技術が間近でご覧になれます。巨大な画面に描かれるのは果たして?

●実験教室「サイエンス・ジン」10:00〜16:00くらい
室長:杉山じん。(鎌倉小教員)&弁解人吉坂(七里ケ浜小教員)
場所:理科室
対象:子どもから大人までどなたでも
→小学校の理科室で実験をとおして交流してみませんか?お気軽に理科室に遊びにいらして下さい。

●「工作屋台」13:00〜16:00
講師:石井恵(こどもと造形「さんまのくら」主宰)
場所:鶴岡八幡宮境内
→なんとかナーレお馴染みの工作屋台が秋も出店。子ども店長と工作しましょ!

●パフォーマンス「独りごと→会話」16:30ごろ〜

出演:真白太逸(鎌倉小教員)と赤タイツたち
場所:体育館
→昨年大好評だった教員真白太逸(ましろたいつ)が今年は仲間を引き連れて会話します。今年は1回限りの公演です。体育館を満員にして盛り上げよう!!

●なんとかナーレフィナーレ「飛び火プロジェクト」
17:30着火!!


発起人:景山健(美術家)
場所:グランド ※10M以上の強風が吹かない限り少々の雨でも打ち上げます。
→信濃川の流れを花火で視覚化した景山さん。昨年はその花火を鎌倉小に飛び火させて10発の2号玉火柱花火を来場者の願いとともに打ち上げました。今年も来場者の「こんな鎌倉にしたい」「こんな学校にしたい」などの願いをこめた叫びとともに打ち上げます。そしてその願いが飛び火してより学校や地域社会がクリエイティブになっていくようになりますように。。


鎌倉なんとかナーレ2010 | 02:08 | comments(2)

| 1/1ページ |

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.