蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 美術館はぼくらの宝箱1 | ブログのトップ | 鎌倉館百景2 >>

投稿者: grouprough

鎌倉館百景

2009.03.22 Sunday

3月21日。昨年に続いて小学校を卒業した6年生を対象に鎌倉館にて写真のワークショップを行いました。中学校に入学する前の束の間のひとときをのんびり過ごしました。(高松)



写真を撮ってみて・・・。
葉山館では光にあふれてとても明るい写真ばかり撮れた。しかし、鎌倉館では自然にあふれて、どんなに撮ってもどこかに「緑」が入る。そんな写真ばかり撮れた。館内のものは全然撮らなかったのに(展示物もすごかったけど)、辺りの風景そのものがまるでアートの様で、こんなに自然ととけあった、混ざりあった美術館が近くにあるなんて、と写真を見ながら本当に思った。




のーんびり一日中「普通」を「不思議」に撮る。そんなことってなかなかないから本当によかった。




のっぽの写真、ちびすけの写真、ロビ夫の写真・・・。
写真ってそれぞれの個性が出るものだと思った。

写真と言葉:のっぽ(2008年度6年3組)

鎌倉館百景 | 22:42 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.