蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 「鎌倉銀閣」始動! | ブログのトップ | なんとかナーレに向けて 〜6年1組の活動〜 >>

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2009 ワークショップ、プロジェクト詳細(随時更新)

2009.11.16 Monday

<ワークショップ>
一般の方でワークショップ参加希望の方は、必要事項(○参加希望のワークショップ名○希望日時○氏名○性別○年齢○在住地域○緊急連絡先(電話番号)を明記し,hasuike@group-rough.net までメールにてお申し込み下さい。(附属鎌倉小学校在校生は後日手紙を配布します)

●「からだであそぼ」
講師:高橋 和子(横浜国立大学教授)

→1981年横浜国立大学に赴任して、ニュー・カウンセリングの創始者である伊東博先生と臨床教育学の藤岡完治先生に出会い、体育科教育の立場から「からだ気づき」という「新しい学びの様式」の実践研究を続けている附属鎌倉小学校前校長高橋和子先生が誰でも楽しめるワークショップを行います。
http://homepage3.nifty.com/karadakizuki//(からだ気づき教育研究会サイト)

12月5日(土) 10:00‐12:00
場所:体育館
対象:どなたでも
定員:なし
参加費:無料 ※持ち物:新聞紙一日分,上履き,動ける服装


●「工作屋台」
講師:石井 恵(こどもと造形「さんまのくら」主宰)

→「工作屋台」は、だれでも自由に工作ができる屋台です。いろいろな道具をのせた屋台は、“コミュニケーション”をテーマに全国を旅しています。屋台が開店すると、そこにペンやハサミや紙など、いろいろな材料が飛び出します。訪れた場所で自由に工作をしちゃおうという、ちょっと変わったワークショップです。

12月6日(日),13日(日)
開店13:00 閉店16:00(※最終入店時刻15:30)
※開店時間内は15:30まで何時でも入店可能です。制作時間も個人で異なります。
場所:低学年グランド(荒天時は校舎内)
対象:どなたでも
定員:なし
※席に限りがあるため、満席の場合は校内を巡ってゆっくりお待ち下さい。
参加費:材料費としてお一人100 円集めさせていただきます。


●「フリマ演劇 〜思い出交換しませんか?〜」
講師:南波 圭(俳優/演劇百貨店)

→桐朋学園演劇科卒業後、NINAGAWA COMPANY'に入り、俳優としての活動をスタート。『グリークス』『真情あふるる軽薄さ2001』『三文オペラ』などの蜷川幸雄演出作品に出演。退団後は、指輪ホテル『情熱』『IT'S UP TO YOU』『Please Send Junk Food』、chelfitsch『フリータイム』や、パフォーマンスユニットNR-performanceに企画・役者として参加。
同時に、演劇ワークショップの進行役として演劇百貨店の活動に関わる。
いつもは気づかない体の感覚を意識したワークショップを展開している南波 圭さんが今回は鎌倉小学校の地で、そこに集う人々とコミュニケーションをとりながら劇を創り上げていきます。

12月12日(土),13日(日) 13:00〜16:00
※詳細時刻は後日本サイトでお知らせします。
場所:校内(荒天時は校舎内)
対象:小学生以上
定員:両日とも25名程度
参加費:無料
持ち物:フリーマーケットで交換してもよいもの,上履き,動きやすい服装

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<プロジェクト>
プロジェクトの参加、見学は申し込み不要です。お気軽にお友達もお誘いの上ご来場下さい。

●「間」プロジェクト
景山 健(美術作家)

→グランドに4畳半の縁台と掘りゴダツを設置します。そしてそこに集う人々と学校を眺めながらお茶を飲みながらあれこれ語らいます。

12月5日(土)→12月13日(日)※雨天中止
場所:グランド


●「飛び火」プロジェクト
景山 健(「HERE-UPON」信濃川プロジェクト2009発起人)

→今年10月31日に行われた「HERE-UPON」信濃川プロジェクト。18:00の時報と共に新潟県・長野県の県境より300メートル間隔に設けられた510ポイントで1秒おきに下流に向かって火柱の花火を打ち上げ、信濃川の流れを花火で視覚化した世紀のプロジェクトは大成功に終わりました。全長155劼竜離を約8分30秒で日本海に到達し、終わりかと思った花火が鎌倉の地に「飛び火」します。鎌倉小学校の「開放」を知らせる花火を新潟の花火師が打ち上げます。鎌倉小に足を運んで見物するのもいいでしょう。でも鎌倉小の上空が確認できそうな場所を探してそこから見物するのも面白いかもしれません。

12月13日(日)17:00打ち上げ開始決定!!
合計10発の音のない火柱だけの花火です。1発打ち上がるたびに花火に向かって鎌倉小に集う人々が一斉に「なんとかなってほしいこと」「なんとかしたいこと」「学校が、鎌倉が、自分が生まれ変わるために言っておきたいこと」などを叫びます。


●「回帰」(展示&パフォーマンス)
ブラザーズ(中田メソッド,G佐藤,脱セノウ,弁解人吉坂)
→「HERE-UPON」信濃川プロジェクトの花火打ち上げに参加したブラザーズ。鎌倉小の発展を願って臨んだ日本男児らしい褌姿での打ち上げは、津南町を中心に大きな話題となりました。教員からアーティストへと昇華したブラザーズは今回「(学校も教員も原点)回帰」を主題に表現、パフォーマンスをします。

12月5日(土)→12月13日(日)
場所:小学校校舎B棟


●「たき火広場」
キムラミツオ+すきまグループ

→キムラミツオが学校の隙間を埋めるべく毎日働くすきまグループを中心とする5年生たちと共にいつもお世話になっている地域の方々に焼き芋をご馳走しようというプロジェクト。寒い中足を運んでいただいた方々と火を囲み,焼き芋を食べながらまどろむ時間をつくります。

12月7日(月)→13日(日) 11:00と15:00くらいに芋が焼きあがる予定です。 
場所:グランド
持ち物:手ぶら大歓迎。差し入れがあればさらに大歓迎です。焼いて食べてみたいものがあれば何でもお持ち下さい。


●「独りごと」(パフォーマンス)
真白太逸 feat.ハッピー犬久保,弁解人吉坂

→体が動くうちに最高のパフォーマンスを皆の目に焼き付けておきたい。全身白タイツを身にまとった教員、真白太逸(ましろたいつ)が渾身のパフォーマンスを披露する。

第1回公演決定!!

12月5日(土)「からだであそぼ」終了後 12:00すぎ 
場所:体育館


●「保健室で体質改善」
笠野 智恵+保健委員会

→一般の方にとっては学校の中で特に懐かしい部屋が「保健室」ではないでしょうか。会期中はどなたでも気軽に保健室を訪問できます。身長、体重、座高、視力検査、ストレスチェック、血管年齢測定などご希望の体質チェックをうけてみませんか。

12月5日(土)→12月13日(日)
場所:保健室

鎌倉なんとかナーレ2009 〜ワークショップ〜 | 21:51 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.