蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 鎌倉なんとかナーレ2009閉幕!! | ブログのトップ | 鎌倉なんとかナーレ2009放課後 >>

投稿者: grouprough

あけました。

2010.01.12 Tuesday

2010年があけました。おめでとうございます。
昨年は近美鎌倉の「美術館はぼくらの宝箱」参画と附属鎌倉小で開催した「鎌倉なんとかナーレ2009」と2つの刺激的な出来事があり大変充実した1年となりました。本年も引き続き妄想を広げ不確かではありますが様々な「鎌倉の変」を起こしてまいりたいと思っておりますのでどうぞ面白がって見守る、あるいはご一緒に参加していただければ幸いです。



さて2010年の1発目は「21世紀ミュージアム・サミット」の紹介です。
昨年神奈川県立近代美術館鎌倉別館の「美術館はぼくらの宝箱」に向けて2007年度6年1組の有志と映像作家の森内康博さんをはじめとする(株)らくだスタジオのスタッフとで制作した短編ドキュメンタリー映画「鎌倉の立てる像たち」、「拝啓鬼様」の2作品が、21世紀ミュージアムサミットにて、イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館(アメリカ)の「アートを通して考える」とルーヴル美術館(フランス)の「クラス・ルーヴル」の2つのドキュメンタリーと共に上映されることになりました。世界の美術館、美術、教育関係者の目に触れる貴重な機会をいただいたことに感謝です。
 
※「ミュージアム・サミット」に関する詳細は http://www.k-i-a.or.jp/museum/ でご覧下さい。

美術館はぼくらの宝箱 | 00:47 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.