蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 鎌倉なんとかナーレ2009放課後 | ブログのトップ | 鎌倉なんとかナーレ2009放課後 >>

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ2009放課後

2010.02.27 Saturday

「かまくらでかまくら2」
景山健(鎌倉在住美術作家)×NPO法人みずもりファーム(新潟県津南町)&NPO法人GO雪共和国(新潟県津南町)


※昨年の様子

昨年3月に本校で新潟県津南町のNPO法人「GO雪共和国」と鎌倉在住の美術作家である景山健さんの共同ワークショップ「かまくらでかまくら」を開催しましたが、今年も趣向を変えて第2弾を開催することになりました。



※昨年の様子

ワークショップ
日時:3月13日(土)13:00〜16:00
対象:附属鎌倉小学校児童4〜6年生 約100名
参加費:300円 ※一般の方々の見学のみは無料です。
持ち物:雪遊びに必要だと思うもの(例)手袋、スコップ、バケツなど
内容:高学年向きの雪を使った造形活動
※この日は夕刻より20:00まで校庭を開放し、雪の壁に投影した12月開催の「鎌倉なんとかナーレ2009」のドキュメンタリー映像を観賞しながら来場者の方々と次年度「鎌倉なんとかナーレ2010」の妄想ができればと思っています。一般の方々もお気軽にご来場下さい。

ワークショップ
※この日は一般の方々も雪に触れます。小さなお子様から大人の方までふるってご参加下さい。

日時:3月14日(日)10:00〜12:00(雪がなくなり次第終了)
対象:附属鎌倉小学校児童、一般の方々どなたでも
参加費:100円 ※見学のみはもちろん無料です。
持ち物:雪遊びに必要だと思うもの(例)手袋、スコップ、バケツなど
内容:残雪を使った造形活動

※ワークショップ´△箸盥單靴両豺腓話羯澆箸覆蠅泙垢里罵修瓩肝讃飢爾気ぁ

鎌倉なんとかナーレ2009 〜ワークショップ〜 | 00:32 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.