蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 鎌倉なんとかナーレの夏休み2 | ブログのトップ | 鎌倉なんとかナーレの夏休み4 >>

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレの夏休み3

2010.07.25 Sunday



7月23日金曜日。今日は工作屋台2日目。
昨日の活動の後石井さんとふりかえりをし今日の見通しを持てた子どもたちは朝から材料の下ごしらえ。



連日の猛暑の中、昨日よりも多くのお客さんが屋台を活気付けてくれました。



店長も2日目となると昨日の反省を生かして手際よく、丁寧に接客ができていました。



夕刻は夜の学校の準備。美術家の景山健さんと子どもたちで鬼の気配の展示をしました。天井から吊り下げた黒塗りのダンボールは夜になると風に揺られて怪しい影をつくりだし、チベット密教の音との相乗効果で校舎内に入ってきた子どもたちを恐怖で震えあがらせました。



19:00ともなると日中の猛暑がウソのように心地よく、モクモクは夕日に包まれて気持ちよさそうでした。



夜の校庭は連日の賑わい。花火にスイカ割りに夏らしい遊びであふれました。

写真:よ

鎌倉なんとかナーレ2010 夏休み | 00:52 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.