蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 鎌倉なんとかナーレ2010 開催決定!! | ブログのトップ | なんとかナーレ開催中!!! >>

投稿者: grouprough

鎌倉なんとかナーレ開催中!!

2010.11.04 Thursday

鎌倉なんとかナーレ2010開催しました。
初日の今日は天気にも恵まれ秋のきれいな日差しが差し込む中、なんと1,000名を超える方々にご来場頂きました。

一年生の作品「水色もよう」

イベントも盛りだくさん。
PTAコーラスの「コールりんどう」から始まり、教員バンドで体育館はヒートアップしていました。先ほどまでしっとり歌っていた保護者の皆さんが教員バンドの演奏では縦ノリに。。







昇降口では、4年2組の野点が行われ、来た人たちをおもてなし。
何日も前から保護者、担任、児童が一体となって準備してきました。
しっかり作法も身につき、300人以上の人にお茶を振舞っていました。ちょうどこの野点が学校の外と内をつなぐ縁側となり、どんどん来場者が増えました。

「アマリニモ」では映画看板職人の技が披露されています。職人の圧倒的な画力を間近でみることができます。その浮かび上がる像は何でしょうか。。最終日に明らかになります!



他にも、様々なイベントが開催され、子どもたちの作品も校内に並び、「幻風景」映画上映大盛況のうちに幕を閉じました。



NPO法人日本ハワイアンカヌー協会によるフラダンスワークショップ。参加者とみんなで楽しみました。



体育館では、プロミュージシャンの有坂美香さんによる「Let's Sing Gospel ! 〜ゴスペルを歌おう〜」を実施。100名の参加がありました。
おとなも子どもたちもいっしょうけんめい声を出してました。



児童有志「それで委員会」による「意図電話」校内のどことつながっているんでしょう?



エースナカジマによる「もやもや」。
校内に本気で標識を設置します。校内を巡る中でいくつの標識が見つかるでしょう?



こちらはなんとかナーレ恒例のキムラミツオの「焼きいも広場」。
今回の芋にはストーリーがあります。昨年なんとかナーレの雪の造形ワークショップ「かまくらでかまくら」で縁ができた新潟県津南町。その後高学年のクラスが津南町の廃校を利用して自炊生活をする宿泊学習を試みました。そこで植えたサツマイモの苗を秋に児童有志で収穫に行きました。今回の「焼きいも広場」ではその芋を来場者にふるまいました。昨年の1週間分の量が今年はたった1日で完売!


5年生の作品「自我ハウス」みんな楽しそうに遊んでいます。いつの時代も子どもにとってダンボールハウスは魅力的なんですね。

引き続きたくさんのイベントを開催しますので、すでにお越しの方も、これからお越しの方も是非是非よろしくお願いいたします。

また、11/2発売の「an an」になんとかナーレの情報が掲載されました◎

鎌倉なんとかナーレ2010 | 18:30 | comments(0)

コメント

コメントする

 



(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.