蓮池通信
子ども×神奈川県立美術館・鎌倉館

蓮池通信ブログ

本サイトは、横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校の子どもたちと神奈川県立近代美術館鎌倉館との交流から生まれました。 これまでの交流記録をはじめ、現在の活動の様子や子どもたち自身が日々感じていることをブログで少しずつ発信していきます。

ミナモの波紋のように、だんだん広がって、大きくなることを願って…。

<< 『青色の画布』京都上映会 | ブログのトップ | なんとかフィナーレを迎えることができました >>

投稿者: grouprough

『鎌倉なんとかナーレ2012』(なんとかフィナーレ)

2012.10.17 Wednesday



現役小学校が舞台のアートプロジェクト『鎌倉なんとかナーレ』最終章。
日常の教育活動を超えた試みからみえてくる「明後日の学校」。

2012/11/30(金)‐12/02(日) 
10:00-17:00 入場料無料


★問い合わせ・ワークショップ申込み
→nantokanale2012@gmail.com


■会場・主催:横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉小学校
■主管:『鎌倉なんとかナーレ』実行委員会、それで委員会
■共催:横浜国立大学教育人間科学部 横浜国立大学附属デザインセンター
■後援:鎌倉市 鎌倉市教育委員会(社)鎌倉市観光協会 鎌倉エフエム株式会社(株)鎌倉ケーブルコミュニケーションズ
■協力:特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン 株式会社アソポリ 株式会社らくだスタジオ 横浜国立大学教育人間科学部附属鎌倉中学校

■妄想中の企画

<全日開催>

瀧澤潔(越後妻有トリエンナーレ『大地の芸術祭』参加アーティスト)24000本のハンガーで校舎の壁面を埋め尽くす『HANGER WALL KAMAKURA』『ふうりんプロジェクト』展示&ワークショップ

 →場所:昇降口&教室&廊下

滝沢達史(越後妻有トリエンナーレ『大地の芸術祭』参加アーティスト)『Down Town』『妄想教室』
 →学校や社会はいつでも保守的になるものです。それを壊すために祭りは存在します。そんな思いを込め、なんとかナーレの期間、おもいっきり妄想を楽しんでみたいと思います。

<妄想その1>
校庭に妄想の街を作ります。白線を引くラインカーを使い、誰でもが自分の好きな家を建て、道を作り、架空の街を作ることができます。街づくりは作家である滝沢達史が管理人室を作る所から始まり、訪れた人との交流で街が広がって行きます。例えば、ご近所さんとBBQ、〇〇町内会で焼き芋、〇〇会収穫祭、家族でテント生活、お茶会、○○道場、クラス対抗野外ボーリング大会、同窓会、3日間耐久〇〇など、皆様の日常を学校に持ち込んで下さい。
「自己責任」「大人が楽しむ姿を子どもに見せる」のルールのもと、グランドがカオスな街に変貌します。ぜひ、妄想を実現させて下さい。

<妄想その2>
校庭上空には保護者が制作する『妄想教室』がはためきます。30センチ×100センチの布(色は自由)を準備していただき、「私の”妄想”〜こんな学校があったらいいな〜」を書いた褌?を期間中グランドに展示し、最終日には燃やすことで祭りを納めます。


家所亮二(建築家)ワークショップ『ピースハウス』

横山大河(美術作家)&本田雄揮(美術作家)『風景持参〜寒いなら部屋で風景を見よう!〜』

 → 保健室で絵画作品の展示をします。保健室にどんどん風景を放り込みます!なんとかナーレを回る休憩がてら保健室でゆっくり絵を見るのはいかがですか。
  
エースナカジマによる展示『看板設置』『教室に文字 

 →場所:正門付近・3年2組教室

塩田亮吾(フォトジャーナリスト)写真展『Invisibility 〜砒素に侵された大地〜』

 →屋上階段にて、バングラデシュの写真を展示。

荻原貴裕(アーティスト)『庭』×茶席『なんとか庵』

 →場所:低学年グランド、プレイルーム縁側

小沢裕子(アーティスト)による展示

 ♯1:第1図工室での上映字幕と音声による夜景のロードムービー(『キャッチ&リリース』6分42秒/映像)
 ♯2:3階男女トイレの展示男子も女子も関係なく入れます(『語呂合わせ』1分50秒/映像)
 ♯3:音楽室での上映何か切実なスピーチをしています(『スピーチ』6分03秒/映像)

益田有希子(立体妄想家)
 →彫刻作品と4年生が数ヶ月磨き続けた木のタマゴのコラボ展示

安達七佳(テキスタイルアーティスト)


池田拓馬(現代美術作家)


斎藤清人(音楽家)『チベット鳥葬の音楽観/フィールドレコーディング2001音源公開』

 →樹木資源の乏しいヒマラヤ高地での葬儀「鳥葬」で繰り広げられる音源を公開。僧侶の読経が響き渡る中、仏はハゲタカにたいらげられ輪廻転生する。一人の命を締めくくる、崇高なチベット密教音楽の世界。

後藤久慶(鎌倉彫)

野口政止(ウニ研究家)『野口政止研究室』 
 →場所:理科室

児童・生徒によるインスタレーション作品展示 
 →6年1組『光と影のインスタレーション』、4年1組はみだし探検隊『ゴミの卒業式』ほか


<11月30日(金)開催>

・佐藤知司プロデュース劇団公演
 →場所:体育館
 〃狠帖疋繊璽爍鞠”/10:20〜10:40
 劇団”AO”/10:50〜11:30
 7狠帖疋繊璽爍暁”/13:20〜13:40

・60食限定!現役小学校で給食を食べよう!『給食の時間1』
 
 →場所:1階プレイルーム  
  時間:12:30〜先着60名
  対象:小学生から大人までどなたでも(一般来場者優先)
  費用:250円程度

山田太雲(オックスファム・ジャパン アドボカシー・マネージャー)講演会
<『人災』としての貧困:私たちとのつながり、私たちにできること>

  ★申し込み制
場所:第1合併教室  
  時間:14:00〜15:00
  対象:大人


<12月1日(土)開催>

『非属の才能』 (2011年本屋大賞「中2男子に読ませたい!中2賞」)の著者・山田玲司講演会『非属の才能は誰にでもある』

 →「みんなと同じ」が求められるこの国で、「みんなと違う」自分らしい人生を送る方法はあるのか?右肩上がりの経済成長が終わり、群れることで幸せを感じられる「恵まれた時代」が過ぎ去った今、なにより必要なのは、未来を担う才能ある人間が、その才能をいかんなく発揮できる環境作りであり、マインド作りだ。ところがいまだにこの社会では、出る杭は打たれ、はみ出し者はいじめられる。横並びがいちばん重視され、斬新な発想や強烈な個性は「群れのルール」に従って矯正、または無視されてしまう。才能ある人間が生きづらい国――それがニッポンだ。もはや今の時代、みんなと同じ必要はまったくない。むしろ、違えば違うほどいい。人はそれぞれだ。各個人が自分の道を自由にゆけばいい。“非属”であること――これこそが新しい時代のスタンダードだ。
本講演では、チベットの高僧からホストまで「非属の才能」の持ち主たちから山田さん自身が得た、群れなくても幸せに生きることのできる方法を語っていただきます。

  場所:5年1組教室
  時間:15:00くらいから1時間程度
  対象:小学生高学年から大人まで

特定非営利活動法人オックスファム・ジャパンによる世界の小規模農家の境遇などを疑似体験するワークショップ『君はグローバル食料システムに勝てるか?』
 申し込み制
 →場所:第2合併教室
  時間:。隠院В娃亜腺隠押В娃亜´■隠粥В械亜腺隠機В械
  対象:小学生高学年〜大人、各回定員40名

寒川晶子(現代音楽・ピアニスト)ワークショップ&ソロ公演『未知になるとき in 鎌倉』 

 →場所:体育館
 ●ワークショップ13:30〜 
持ち物:ワイングラス(グラスハープとして使用しますので、お持ちの方はご持参下さい。)
 ●ソロ公演:15:00〜
  内容:全ての鍵盤が『ド』に調律されたピアノのワークショップと演奏会
  
『津南とかナール』鎌倉小5年生×津南町三箇地区住民=農作物即売会
 →場所:昇降口付近  
  時間:午後
  対象:どなたでも

240食限定!現役小学校で給食を食べよう!!『給食の時間2』

 。隠院В械阿良
 →場所:1階教室  
  時間:11:30〜先着120名
  対象:小学生から大人までどなたでも(一般来場者優先)
  費用:250円程度
 
 ■隠魁В娃阿良
 →場所:1階教室 
  時間:13:00〜先着120名
  対象:小学生から大人までどなたでも(一般来場者優先)
  費用:250円程度

斎藤清人(音楽家)『アフリズムセッション/ワークショップ&ライブ』

→日本でもポピュラーなアフリカ太鼓、西部マンディンカ族のジャンべのワークショップ&ライブを新潟でグローバルかつ教育的な音楽活動を展開する“アフリズムセッション”のメンバーの協力で実施。躍動感あるリズムでみんな元気になろう!
 アフリカ太鼓のワークショップ&ライブ
 12/1(土)及び12/2(日)13:30〜15:30
 【参加者募集】元気な高学年の児童5~6名
 (未経験者及びドラムや楽器経験者)


是枝開(職業プロ・ボランティア参加)『オエイシスを探しに行こう!』
 →詳細未定


<12月2日(日)開催>

横浜国立大学モダンダンス部×横浜国大3年生11人の建築学生によるとっておきの仮設建築、”NuNoNoNaKa”×4年2組公演 『なんとかなルン』 『日常「?!」ダンス』
 →場所:体育館
  時間:11:00〜

櫻井郁也(舞踏家)ソロ公演


 →場所:体育館
  時間:15:00〜
  音楽:寒川晶子 アートワーク:西川昌和 照明・舞台構成:櫻井郁也・瀧澤潔

是枝開(職業プロ・ボランティア参加)『オエイシスを探しに行こう!』
 →詳細未定

滝沢達史(越後妻有トリエンナーレ『大地の芸術祭』参加アーティスト)『妄想教室』
 →場所:グランド
  時間:16:30〜
  内容:保護者制作『妄想教室』の褌?を燃やして、なんとかフィナーレを迎えます。妄想が実現するように祈りを込めて…。


詳細やその他の企画は決まり次第順次お知らせいたします。

JUGEMテーマ:アート・デザイン

鎌倉なんとかナーレ2012 | 00:01 | comments(1)

コメント

ついに『ナントカナーレ』もフィナーレなんですね(;_;)

高松先生との図工の時間は、今振り返ってみても素晴らしい体験だったと思ってます(>_<)


『鎌倉ナントカナーレ2012』には日曜日に参加させて頂きます♪
4年ぶりの附属小学校で素敵な体験ができるということに胸を弾ませています。

最後のフィナーレまでがんばってくださいo(^-^)o

おしゃべりくん(08年度6年3組) | 2012/11/30 1:07 PM

コメントする

 



(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.

このページの先頭へ

最近の記事

カテゴリー

過去の記事

記事を検索

最近のコメント

XMLフィード

RSS1.0 | Atom0.3

copyright © 2008 Tomoyuki Takamatsu, all right reserved.